コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

首相「自分も長く続けたい」=幕内100場所の魁皇に総理大臣顕彰(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は26日午後、首相官邸に大相撲の大関魁皇(本名古賀博之、37)を招き、内閣総理大臣顕彰を贈った。3月の春場所で幕内在位100場所を達成するなど、高いレベルを維持し続けていることが表彰の主たる理由。懇談では相撲談義に花が咲き、首相は「これだけ長くよく続けている」と称賛するとともに、「(自分も)少しでも長く続けられるようにしたい」と政権維持に意欲を示した。 

国病機構の病院事業「規模縮減」―事業仕分け第2弾(医療介護CBニュース)
コモモです、ママ暖かい ニシローランドゴリラの赤ちゃん(産経新聞)
舛添氏との連携「一切ない」=鳩山首相(時事通信)
<大阪市議補選>橋下新党の候補者内定 女性の会社役員(毎日新聞)
「ビールに覚醒剤、飲まされた」女を送検 巡査長の関与なし(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<男性死亡>短期マンションで腹部刺され 外国人か…三重(毎日新聞)

 18日午後7時40分ごろ、三重県鈴鹿市道伯4のウイークリーマンションスズカ高岡の3階通路で人が血を流して倒れている、と110番通報があった。県警鈴鹿署員が駆けつけたところ、男性が腹部を刺されて倒れており、搬送された病院で死亡が確認された。男性は40~50歳くらいで、通報の直前に3階の部屋で人の争う声が聞こえたという。通報してきたのは外国人で、刺された男性も外国人との情報もある。同署が詳しい経緯を調べている。【大野友嘉子、谷口拓未】

F4ジェリーがユニット再開希望!?「育ての母」アンジー・チャイも期待!―台湾
<東広島市議補選>「聞いたことがない」投票率1けた   (毎日新聞)
65歳以上、過去最高の22.7%(医療介護CBニュース)
「時効廃止法案」が参院法務委で可決(産経新聞)
元気な姿、重力疲れも=「忙しかった」「地球美しい」-家族との再会喜ぶ・山崎さん(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

阪急京都線で人身事故 10万人に影響 大阪・茨木(産経新聞)

 17日午前9時15分ごろ、大阪府茨木市天王の阪急京都線南茨木駅構内で、ホームにいた女性が線路上に転落。進入してきた梅田発河原町行きの特急電車にはねられ、即死した。乗客約1200人にけがはなかった。茨木署は、死亡したのは近くに住む主婦(60)とみて確認を急いでいる。阪急電鉄によると、この事故で上下線200本以上が遅れ、約10万1千人に影響が出た。

【関連記事】
電車にはねられた女性に意識あり 阪急茨木市駅
人身事故で15万人に影響 阪急、男性はねられ死亡
阪急京都線に新駅「摂津市駅」 エコ駅舎が特徴
阪急事故で男性はねられ死亡
阪急京都線で人身事故 約2万2千人に影響

介護現場の「ありのまま」描いた映画、17日から公開(医療介護CBニュース)
熊本・人吉 まさに幸福、SLや「日本三大車窓」癒やし系の鉄道旅(産経新聞)
【高速道路新料金割引】 四国料金問題「見直すつもりない」…前原国交相(レスポンス)
「被爆桜」咲いた 滋賀・彦根の小学校、植樹の卒業生訪問(産経新聞)
人間健康学部の新キャンパス、開校式 関西大(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<名古屋・河村市長>持論展開「減税しないと天下り天国に」(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は14日、日本記者クラブ(東京都千代田区)で記者会見し、市民税10%減税が市議会の修正で10年度限りとされたことに触れ「無駄遣いを無くしても減税しなければお金は役所に残り、公務員の給料も高いまま。天下り天国が生じる」と持論を展開した。

 また、民主党政権を浮揚させるためのアイデアを記者から問われると「消費税を1%減税する。鳩山由紀夫首相も小沢一郎幹事長も給料800万円でやればいい」と述べた。

 これに先立ち、総務省顧問でもある河村市長は原口一博総務相と面会。議会解散に向けた署名活動の期間が地方自治法施行令で都道府県は2カ月、市町村は1カ月と決まっていることについて「大都市は県並みにするか人口比例にすべきだ」と要望した。河村市長によると原口総務相は「検討します」と答えたという。また市長は▽地方税率を地方で自主的に決める▽地方債発行への国の関与を無くす--などの改革案も提出した。【高橋恵子】

【関連ニュース】
河村名古屋市長:応援団長に俳優の菅原文太さん
名古屋市議会:主要会派、ビラ全戸配布へ「市民の理解を」
名古屋市臨時会:19日招集 定数維持、報酬半減案調整も
名古屋市役所:新規採用587人に辞令交付
河村名古屋市長:リコール運動不調でも辞任せず

橋下知事、大阪市長選出馬も 府・市再編で 新党なら舛添氏応援 (産経新聞)
石原知事は出馬せず 夏の参院選で平沼氏(産経新聞)
放送ジャーナリストのばばこういち氏死去(時事通信)
デイリーNK・高支局長「携帯は社会変えるツール」(産経新聞)
シーリング復活を検討=来年度予算編成で-財務相(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

飛行船クルーズ、五輪会場を活用=「首都発」実現、料金半額に(時事通信)

 国内唯一の飛行船運航会社「日本飛行船」(東京都中央区)が10日から、東京・晴海を離着陸地とする東京遊覧クルーズを始める。従来は埼玉県内から離着陸していたが、都が五輪誘致に敗れたため、会場予定地を使うことができるようになり、高かった料金は半額に。同社の渡辺裕之社長は「首都のど真ん中から直接飛行船が飛び立つ遊覧は世界初」とアピールする。
 旅客飛行船のツェッペリンNTは全長約75メートルと世界最大。世界に3隻しかなく、うち1隻を同社が保有し、2007年から遊覧クルーズを始めた。離着陸には埼玉県桶川市内のエアポートを使用。30分の遊覧に、往復1時間を要していた。
 ところが昨年10月、都が2016年開催の夏季五輪の誘致に失敗。同社はメーンスタジアム建設が予定された晴海の広い都有地に目を付け、使用契約にこぎつけた。飛行時間は約40分に短縮、料金も半額の6万3000円が実現した。
 クルーズの目玉は、500~600メートル上空から360度見渡せるパノラマ。東京タワーや東京スカイツリーなど人気スポットをゆったり周遊する。同社は「多くの人に首都の素晴らしい景色を堪能してほしい」としている。
 問い合わせは同社クルーズデスク フリーダイヤル(0120)68004。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕新電波塔「東京スカイツリー」
〔写真特集〕パリのシンボル エッフェル塔
東武、850億円のシンジケートローン契約=スカイツリーの建設資金
来年は参院選、W杯、スカイツリー=新聞・雑誌記事から注目10語
東京タワーを紫にライトアップ=女性への暴力根絶訴え

小6女児にわいせつ行為=大阪まで新幹線で呼び出す-容疑で38歳会社員逮捕(時事通信)
開業医の養女、遺産3億6千万円隠す…2億脱税(読売新聞)
<佳子さま>高等科の入学式に出席(毎日新聞)
TBSの責任指摘 郵便物開封問題でBPO(産経新聞)
外国人参政権 今国会議員立法 小沢氏「無理だ」(産経新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。